2020年09月01日

歯を抜かないすすめ

 

過去に動画インタビューを受け、よく視聴されている動画を掲載します。読者の方にも理解しやすい内容となっていますのでよかったら視聴してください。

 

いかがででしたか?みなさまのお口の健康が保たれるよう出来る限りご近所の歯科医院で定期検診を受けてください。

この動画は固定で掲載していますが、日々の活動内容は下記に日々更新しています。

よければお読みください。今回も最後までお読みいただき本当にありがとうございました。

posted by tamakidc at : 08:36 | トラックバック (0)

2018年01月01日

2018年

2018年01月あけましておめでとうございます。

新しい年を迎えて皆様のご健康とご多幸をお祈り申し上げます。

昨年もこのブログをお読み頂き有り難うございました。本年も皆様の参考になるような記事や私の接した人たちとの心温まるお話しをご紹介できればと思い書かせて頂きます。

本年もよろしくお願いします。

posted by tamakidc at : 08:25 | トラックバック (0)

2017年12月20日

予約管理システム導入

つい先日予約管理システムをあらたに導入いたしました。今までは紙のアポイント帳を利用していましたが、PCによる予約管理を行います。

来院される方の予約を一括管理することにより、より質の高い診療に専念することができます。そのために来院される方の携帯に診療予約の前日に事前確認メールをお送りいたします。診察券だけでは予約を見落としがちな部分をメールでフォローいたします。もちろんはじめの登録でわからなければ当医院のスタッフが登録のお手伝いをさせていただきます。

最新の機器を導入することは簡単なことではありませんが、このように当医院にとって必要なICTを導入することにより来院される方にとって最善の治療を受けていただけるように心がけています。

 

もし当医院が休診日の時で日曜・祝日・盆・年末年始(12/29~1/4)に何かお困りがありましたら 、和歌山急患センターにご連絡ください。ホームページアドレスを記載しておきます。

電話番号 073-425-8181

http://wakayama-oukyu.or.jp/

みなさまのお口の健康が保たれるよう出来る限りご近所の歯科医院で定期検診を受けてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

posted by tamakidc at : 08:48 | トラックバック (0)

2017年12月06日

2017年12月3日(日曜日) 口臭治療の研修に参加

毎年12月第1日曜日にエクセレントブレスアライアンスクリニックの総会があります。

本年度も、大阪上本町のシェラトン都ホテルで500名を超える参加者が集まり、熱気のある研修会でした。口臭で悩んでいる患者さんがたくさんいらっしゃいます。少しでもお役に立てればおt考えています。新しい治療の考え方でとても有意義でした。

S0165041 

 S0734317

S0225054

posted by tamakidc at : 08:55 | トラックバック (0)

2017年11月30日(木曜日) 山東小学校6年生禁煙授業

喉頭摘出で声帯を失った畑中孝之さんと、1時限目(8時50分~)禁煙授業を行ってきました。畑中さんは53歳の時に喉頭がんになり、その時から声を失いました。その後の人生はとても灰色になりしょげていたのですが「たばこ問題を考える会和歌山」や「禁煙教育ボランティアの会」と縁があり、小学校の授業に行くようになりました。和歌山市内の小学校のほとんどや、紀の川市、岩出市、海南市、泉南地方など、小学校、中学校、高等学校などいろいろな学校で生徒に熱心に「タバコを吸っているときはこんなことになるとは全く考えなかった、とても大変だ。みんなは絶対にたばこに手を出さないように。ニコチン中毒はとても怖く、やめようと思ってもやめられなかった。最初に1本がなければ2本目3本目はない」と懇切丁寧にお話をしてくれます。全国を見てもこれだけ熱心にご自分の体験を語ってくれている人はいません。今回も生徒さん方は真剣に聞いてくれました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA           授業風景

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA         畑中さんがドイツ製の機械を使って話しているところ。

 OLYMPUS DIGITAL CAMERA         授業が終わってから、生徒に機械の使い方を教えていました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA         授業風景

posted by tamakidc at : 08:48 | トラックバック (0)

12月の診療スケジュール

いつも当医院のホームページをご覧になっていただきありがとうございます。12月の診療スケジュールです。よろしくお願いいたします。

 

カレンダー201712

 

 

もし当医院が休診日の時で日曜・祝日・盆・年末年始(12/29~1/4)に何かお困りがありましたら 、和歌山急患センターにご連絡ください。ホームページアドレスを記載しておきます。

電話番号 073-425-8181

http://wakayama-oukyu.or.jp/

みなさまのお口の健康が保たれるよう出来る限りご近所の歯科医院で定期検診を受けてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

posted by tamakidc at : 08:30

2017年11月29日

11月14日 世界糖尿病デー

毎年、11月14日は世界糖尿病デーです。各地の建造物や構造物(東京タワーやスカイツリーなども)がブルーにライトアップされます。和歌山城も見事にきれいにブルーに染まりました。和歌山城の北側のお堀端から見た和歌山城です。御橋廊下の電光色のライトアップと重なりお堀に映り、とてもきれいなコントラストでした。11月24日の夕方NHK「あすのwa」の番組で写真が紹介されました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

posted by tamakidc at : 08:46 | トラックバック (0)

2017年11月22日

口臭(2)

臭いの測定方法

1.官能的口臭測定法
これは、患者さんに3分間口を閉じ(鼻で呼吸)てもらい、時間が来れば、息を止めたまま開口。開いた口の間に術者の鼻を近づけ、 口の中のガスを吸い込んで臭いの種類と強さを判定します。

2.機械的口臭測定法

歯科医院での口臭外来の多くでは、口臭官能検査のほかに、口臭測定器も同時に使用します。メリットとして、測定結果が数値として表れるため、客観性があることです。口臭がないのに気になるという患者に対して、測定結果を示すことで説明しやすくなります。

口臭測定器の多くは、硫化水素、メチルメルカプタン、ジメチルサルファイドなど、歯周病、虫歯、歯垢、舌苔、不適合な入れ歯など口の中に原因があるときに発生するガスを測定するもので、糖尿病のアセトン臭や腎疾患のアンモニア臭などのような体の病気が原因で起こる口臭は検出できないという欠点はありますが、口の中に原因がないときは、体のどこかに原因があると考えることができ、病気の早期発見にも役立てることができます。

臭いを消す方法

臭いを消す方法は、臭いを出さないようにすることです。
1) 常に口腔を清潔にすること。
2) 水分を常に補給したり、身体を動かして緊張を取るなど、唾液が出やすい状態を作ること。
3) 口の中の嫌気性菌が増えにくい環境を作ること。
4) 舌や、口の中の筋肉を緊張させないこと。お話をしたり、 発声練習をしたり、
口の中に酸素を取り込むようにすること。
5) 口腔粘膜が剥離するような、化学合成の歯磨き剤などを使って、 舌や歯を
ごしごし磨かないようにすること。
6) 便秘症などの治療を受け、腸内にガスがたまりにくい状態を作ること。
7) 自己免疫疾患などがある場合、その治療を受けて、 医師の指導のもとできっちりと
コントロールしてもらうこと。
・市販されている臭いを消す薬剤などには、他の臭いで、口臭を紛らわせることを目的としたものがあります。できれば、 口臭の発生原因をしっかりと突き止めて、根本的に治療なさることをおすすめします
・そのために、検査機器をそろえて、 できるだけ多くの患者さんの悩みを解消しようとしている口臭治療のグループがあります。

エクササイズ

本田俊一先生の速効エクササイズを紹介します。一度試してみてください。

 

口臭4

当医院では口臭の検査も行っております。 お気軽にお声をかけてください。

みなさまのお口の健康が保たれるよう出来る限りご近所の歯科医院で定期検診を受けてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

 

posted by tamakidc at : 08:53 | トラックバック (0)

2017年11月08日

口臭1

口臭でお悩みの方は
1.自分では気がついていないが、周りから「口くさいのと違う?」と言われる人。(他臭症)
2.まわりの人は「ぜんぜん臭わないわ!」と言ってくれるが、かつて(中学生や高校生時代)「あなた口くさい!」と言われて、 それ以来ず~と、自分の口臭に悩んでいる人。(自臭症)に分けられます。

自臭症と他臭症

1.自臭症の方は、ご自分で悩んでいる方がほとんどです。 歯科治療を続けている人で、待合室に「口臭治療」のポスターを貼った直後に、こっそりと「実は私も長年悩んでいます」と打ち明けてくれた患者さんに驚いたことがあります。 このように長年他人に打ち明けられず、一人悩んでいる方が結構多いのです。大きな病院へ行って、口臭値の測定をしてもらっても 「数値は低いからあなたは正常です」と治療をしてもらえず、次々といろいろな診療科を受診している人がいます。これが自臭症の特徴です。
2.一方、他臭症の方は、ご自分では「健康で、何の問題も感じていない」。 しかし、家庭で奥様から「あなた口くさいわよ!」とか、娘さんから「お父さん臭いから、いや!」と言われて、 やっと歯科医院を訪れる人がいます。あるいは奥様に袖を引っ張られて来院する方もいらっしゃいます。このように、 自分では何の問題も感じていないことが大問題になります。

臭いの元


・臭いの元は、ほとんど口の中に入った食べ物が、口の中にいる微生物(細菌や原虫など)により分解された産物の、いわゆる 「細菌のウンコ」の臭いです。
・たまに、「息がくさい」と言われて「胃が悪いのかな?」と思う人がいますが、これは、便秘などにより腸内にたまったガスが、 血液に吸収され、肺に入り、それが息をするときに口から出てくるものがほとんどです。運動をするなど便秘を解消すると、 このような臭いはなくなることがあります。

におい物質には次のようなものがあります。
1.アンモニアやインドールなど:これはタンパク質が嫌気性菌により分解されたものです。
2.メチルメルカプタンや硫化水素など:これはシステインやメチオニンという硫黄を含んだアミノ酸 (含硫アミノ酸という生き物の体を構成している重要な成分)が分解されて生じる揮発性硫黄化合物(硫化物)。
3.低級脂肪酸(酢酸、酪酸など)やアルコール、アセトンなど:グルコース(糖)やグルタミン酸(アミノ酸の一種)などが嫌気的 (酸素を使わないで)に分解(発酵)されて生じる。

臭いの元はどうして口の中でできるの?

口の中の常在微生物は500種類以上いると言われています。
この中で、歯磨きが十分できているお口では、主に酸産生菌というどちらかというと善玉細菌が主流で、 臭気物質の産生能は少ないとされています。
一方、歯磨きが十分でない汚いお口の中は、偏性嫌気性、グラム陰性桿菌やスピロヘータという悪玉菌が多くなります。 これらは私たちが食べたタンパク質を嫌気的に分解する酵素を作り、アンモニアやアミンを産生し、 含硫アミノ酸からメチルメルカプタンや硫化水素を作り、グルコースやグルタミン酸を嫌気的に分解して、酢酸、酪酸などの臭い物質を作ります。
だから、歯磨きを十分していない人のお口は臭いのです。

口臭に対する悩みはもたれている方が多いかもしれません。

当医院では口臭の精密検査も行っております。 お気軽にお声をかけてください。

みなさまのお口の健康が保たれるよう出来る限りご近所の歯科医院で定期検診を受けてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

posted by tamakidc at : 08:27 | トラックバック (0)

2017年10月25日

ライオン唾液検査システム(LION Salivery Multi Test) 開発段階からの連携、導入

 

 

当院ではLIONの唾液検査システムの導入いたします。今回LION社からの依頼により唾液検査システムのリリース前、数ヶ月に渡り、機器の臨床でのデータ採取に協力いたしました。このシステムは誰でも簡単に唾液検査が行え、スピーディーに唾液検査結果が出ます。

SMTは試験紙を用いて、むし歯菌、酸性度、緩衝能、白血球、タンパク質、アンモニアの6項目を測定します。来院者の方はわかりやすいチャートを見ていただき口腔内の総合的な結果を数値分析します。

いろいろな唾液検査システムはありますが、このようにスピーディーに検査結果がわかりやすく見ていただくとういう事が来院者の方にとって一番のメリットであると考えます。

そして今回当医院が使用しているプラネット社のデンテルⅩのシステムとリンクすることにより当医院の今までの予防、治療のプログラムにより強固な情報提供するためのツールとなりました。

このように来院される方にとって一番よい治療方法、情報提供するためにはコスト面でも負担が大きいですが、当医院の目標である「20年後の患者さんと『自分の歯でかめるので食事がおいしい』と言ってもらえる診療室の必要な設備だと考えています。

みなさまのお口の健康が保たれるよう出来る限りご近所の歯科医院で定期検診を受けてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

posted by tamakidc at : 08:58 | トラックバック (0)

2017年10月10日

ホームページ開設10年

2007年の10月にホームページを開設してから今月でちょうど10年です。

本当にありがたいことに、医院はホームページを開設してから様々な皆さまにご覧になっていただいています。現在でこそ一般になりつつある「歯を抜かない、削らない」という考えを、当医院は36年前から取り組み、来院される患者様が「自分の歯でかめるので食事がおいしい」と言ってもらえる診療室を目標にしました。もちろんその目標はこれからも変わりません。そして私たちは患者様ご自身が健康を守り、育てていく努力に対して協力させて頂きます。

当医院にかかわるすべてのスタッフで来院される方のお口の中の健康を全力でサポートさせていただきます。

みなさまのお口の健康が保たれるよう出来る限りご近所の歯科医院で定期検診を受けてください。

posted by tamakidc at : 09:00 | トラックバック (0)

2017年09月13日

執筆活動

過去にも歯科医向けに書籍を執筆していましたが、1年前に臨床歯科医向けに新しく書籍を著名な先生方と執筆いたしましました。このブログを見ていただいている一般の読者の方向けではないので恐縮ですが、これからの長寿社会の時代に全身疾患の来院者は増加することはあっても減ることはないと考えられます。歯科医教育は健常者が診察室に来院されるのが前提から始まっています。全身疾患の教育も一応行っていますが、実際有病の来院者に遭遇するとさまざまな知識がないと対応できません。歯科領域だけでなく医科の各専門医からのアドバイスも記載されています。このような観点から去年に書籍の執筆を行いました。書籍名は「歯科チェアサイドマニュアル 有病患者はこう診る 全身疾患のある患者が来院したら」です。

執筆活動

みなさまのお口の健康が保たれるよう出来る限りご近所の歯科医院で定期検診を受けてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

posted by tamakidc at : 08:50 | トラックバック (0)

2017年08月30日

9月の診療スケジュール

いつも当医院のホームページをご覧になっていただきありがとうございます。9月の診療スケジュールです。よろしくお願いいたします。

 

 201709カレンダー

 

 

もし当医院が休診日の時で日曜・祝日・盆・年末年始(12/29~1/4)に何かお困りがありましたら 、和歌山急患センターにご連絡ください。ホームページアドレスを記載しておきます。

電話番号 073-425-8181

http://wakayama-oukyu.or.jp/

みなさまのお口の健康が保たれるよう出来る限りご近所の歯科医院で定期検診を受けてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

posted by tamakidc at : 08:29 | トラックバック (0)

2017年08月23日

インプラントの必要性

私たちの診療室は原則としてインプラントをしません。

これは「現在ある歯をとても大切にしたい」と考えているからです。現在の歯を十分手入れして持たせられないような状態で、インプラントが持つはずがありません。

・口腔の健康を守り、健康な生活を送るためには、今ある自分の歯を大切にすることが基本です。しかし、 事故やその他の原因で歯がなくなり、インプラントが必要になる場合があります。
・インプラントは現在とてもよく研究され、ずいぶんよくなってきています。初期に比べていろいろな基礎的学問も、臨床の知見も増えました。 とても快適に噛めるケースも増えています。
・しかし、『骨の中に異物を入れる』状態になります。これは大変なことなので、よく検討なさってからなさるようおすすめします。

インプラントをする前に。

1.歯がなぜ無くなったのでしょうか?
2.あごの機能に問題はありませんか?
3.上下のあごの関係は正常ですか?
4.インプラントを植立する(入れる)場所に骨は十分ありますか?
5.血液性状を含む全身の状態は正常ですか?
6.後々ブラッシングを含む十分なメインテナンスができますか?
7.そのインプラントがだめになった時どうしますか?


1.歯がなぜ無くなったのでしょうか?

・事故で歯を無くしたのでしょうか? あるいは、齲蝕(虫歯)や歯周病(歯槽膿漏)で歯を無くしたのでしょうか?
・歯の無くなり方で、残された骨の状態が違います。これはインプラントをするときにとても大切なことです。また、 ご両親からいただいた天然の歯はとてもよい材質で、すばらしい作り方で作られています。その歯が無くなるのですから、 もし齲蝕や歯周病でなくなったのなら、口の環境が病気にかかりやすいと考えられます。その場合、安易にインプラントをすると、 天然の歯よりも不十分な状態で入るのですから、よほどブラッシングをはじめとするメインテナンスが十分にできなければなりません。


2.あごの機能に問題はありませんか?

・歯がなくなる原因の一つにあごの機能不全が関係する場合があります。そのような検査も十分してから、 インプラントをするかどうか決めるようにしましょう。

3.上下のあごの関係は正常ですか?

・上下のあごの位置関係も調べる必要があります。正常な関係でない場合、審美的にきれいにならなかったり、 機能的に満足できない場合があります。先にあごの関係をよく調べてもらってからインプラントをするかどうか考えるようにしましょう。

4.インプラントを植立する場所に骨は十分ありますか?

・あごの骨の密度、厚み、高さなど骨の状態を十分把握しておかないと、入れたインプラントが十分機能しないことがあります。 長く持たないことも考えられます。実際にインプラントをする前に検査で把握しておくことが必要です。

5.血液性状を含む全身の状態は正常ですか?

・貧血や血液の疾患、また、内臓関係に問題がある場合は手術に差し支える場合があります。前もって十分な検査をするようにしましょう。

6.後々ブラッシングを含む十分なメインテナンスができますか?

・ご両親からもらった、とてもよくできたご自分の歯でも悪くなるのですから、歯磨きやメインテナンスができなければ、 インプラントは機能しなかったり、長く持たないことがあります。また、 身体が不自由になったときに面倒を見てくれる歯科医師やヘルパーあるいはご家族が必要になります。 それら将来のことも頭に入れておかれるとよいと思います。

7.そのインプラントがだめになった時どうしますか?
・今、入れてもらったインプラントがだめになったとき、 その部分の骨はそのままインプラントをすることができない状態になると考えられます。 その時にどうするかについても十分検討しておいてください。骨を再生する手術をするのか、 あるいはその時にはブリッジや義歯などでするのかについても考えておかれるとよいと思います。

おわりに
・インプラントはうまくいけばとても快適に噛めるようになり、十分若返ることができます。 現在の歯科医学の恩恵に浴することができると思います。
・一方で、インプラントは、歯根に本来、備わっている「歯根膜」がありません。ですから歯根膜がもつ、 衝撃を緩衝する組織や神経の終末がインプラントには、ないのです。その状態で毎日食事のときに自分の体重に近い力を何百回、 何千回とかけるのですから、慎重に検討してから実施してください。
・ご自分の歯はとてもよくできています。その歯を無くさないように、予防のための受診や、ご自分の手入れを十分にして、 もし歯を抜かなければならない場合は、「その歯は本当にだめなのかどうか」について十分説明を受けてください(ほっておくだけほっといて、 「何とか残してくれ」というのは問題外)。安易に「インプラントがあるからいいや!」というようなものではありません。 くれぐれもご自分の歯を大切にしてください。

みなさまのお口の健康が保たれるよう出来る限りご近所の歯科医院で定期検診を受けてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

posted by tamakidc at : 08:43 | トラックバック (0)

2017年08月09日

お盆休み

皆さん暑い日々が続いていますがお体は大丈夫でしょうか?

今週の8/11(金曜日)~8/15(火曜日)まで当医院はお盆休みのため休診となっています。その代わり第3週目の8/17(木曜日),8/19(土曜日)は診療を行います。

 

もし当医院が休診中に口腔内の事で何かお困りがありましたら 、和歌山急患センターにご連絡ください。ホームページアドレス,電話番号を記載しておきます。

電話番号 073-425-8181

http://wakayama-oukyu.or.jp/

 

当医院では新規来院者の方が予約を取りづらい状況が続いています。新規来院者の方には大変ご迷惑をかけていますが、新規来院される方は来院前にご連絡をいただけるとスムーズに診療ができます。

 

みなさまのお口の健康が保たれるよう出来る限りご近所の歯科医院で定期検診を受けてください。

今回も最後までお読みいただきありがとうございました。

posted by tamakidc at : 08:53 | トラックバック (0)

     
 Copyright (C) Tamaki Dental Clinic. All Rights Reserved.